上妻宏光「NuTRAD」でコラボした民謡日本一の歌手!誰?

人物
Sponsored Links

こんにちは、三味國です。

上妻さんのアルバムで聴いた”最上川舟唄”の唄い手である女性は誰でしょう?初めてこの曲を聴いたときに、とても聴きやすかったので、歌い手が誰なのか気になってしました(笑)

ということで、今回は、「朝倉さや」さんについて確認していきたいと思います。

Sponsored Links

プロフィール-朝倉さや

名前:朝倉さや

生年月日:1992年6月29日

出身:山形県

現職:シンガーソングライター

 

曾祖母と母が民謡を代々やっていて、小学2年生のときに習い始めたそうです。民謡民舞少年少女全国大会で2度の優勝を果たしています。小学生と中学生のときです。

そして、高校卒業してから18歳で上京して、20歳で東京デビューしています。ホテルで働いていた期間もあったみたいです。

デビュー前は有名な曲を山形弁でカバーしたり、三味線アレンジなどで注目を集めていました。安住アナからホントにスターになりそうな雰囲気が出てると称されたほどですからね!

2015年9月23日に民謡とラップ、ファンク、ボサノヴァなど、民謡と最先端の音楽を融合させたアルバム「River Boat Song -Future Trax-」を発売。Amazonランキング1位。日本レコード大賞企画賞、CDショップ大賞東北ブロック賞を受賞。

やっぱり、口が大きんだと思いますね!

「オー」って声出すときの口が横に開いてますから!私はどうしても縦に開いてしまいます(笑)

 

静岡でブレイクした人気ぶり

山形なまりの朝倉さやさんが、実は静岡で人気があるとのこと。

様々なテレビ番組に出演している朝倉さやさんですが、静岡の「イブアイしずおか」にレギュラー出演していたんですね!

この番組では、出演者のさやからの視点で静岡の魅力を伝えていました。

 

三味國お気に入りの曲

まずはコチラの曲、『MOGAMIGA(最上川舟唄)』です!

上妻さんとのコラボで以下のようにコメントを残しています。

「上妻さんの、魂揺さぶられる本気の日本の音楽。
以前出演させていただいたコンサートでもその素晴らしさに、
音楽が好きで良かった、日本が好きで良かったと改めて感じました。
今回アルバムに参加させていただき本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
大好きな「最上川舟唄」心込めて歌わせていただきました」

出典元:OKMUSiC

そして、コチラ!『Let it go~ありのまま』

正直言って、松たか子やMay’Jよりもいいって思っちゃいました(笑)おすすめです!

 

まとめ

今回は歌手として活躍している、朝倉さやさんについて書いてみました。偶に、こうした三味線に関係する民謡についてや歌手についても取り上げていこうかと思います。

素晴らしい歌唱力と、親しみやすく山形弁で歌い上げる朝倉さやさん。とても愛嬌があって愛されキャラかなって思います。

今後も益々の活躍を期待して締めたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました