イベルメクチンはどういう薬で副作用は?日本での製造や購入方法は?

時事
Sponsored Links

皆様こんにちは!

今コロナで抗寄生虫薬「イベルメクチン」という薬が注目されています。

ワクチンも打たれた方も多いと思いますが、効いた効かないなど様々な声がある中で、イベルメクチンの需要が高まっているみたいです。

イベルメクチンはノーベル賞を獲得した「大村智」博士が発見した薬ですが、いまや世界でイベルメクチンの効果が発表され、臨床試験の結果、コロナウイルスに有効であることが分かってきているのです。

コロナの治療薬たるのか、大村博士の言葉からみていきたいと思います。

Sponsored Links

イベルメクチンとはどういう薬?効果は?

イベルメクチンは大村智博士によって開発された抗寄生虫薬で、もともとは家畜やペットの回虫、寄生虫の治療薬に使われていました。

人に対しては、オンコセルカ症による失明や、象皮病の治療薬として注目を浴び、アフリカの重篤な病気を患う人に対しての特効薬となり、その功績が称えられ大村智博士は2015年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。

 

どうして動物用の薬がコロナに効くのか、まだまだ治験が進行中ですが、コロナウイルスに期待が高まっているのはイベルメクチンの有効性が現れてきているからのようです。

初期治療で76%の症状が改善

米国の救急救命医学領域の医師らによって結成されたFLCCCは、世界各国のイベルメクチンの臨床試験を調査・解析する団体だ。その結果「イベルメクチンは新型コロナに有効」として使用を推奨してきた。

FLCCCが多くの臨床試験をメタ解析(※)したところ、イベルメクチンを予防として投与すれば85%、初期治療で76%、後期治療で46%に効果があった。致死率の改善も70%に上ったのだ(6月21日現在)。

またイギリスの医師や研究者などで構成されるBIRDも、イベルメクチンの使用により新型コロナに感染するリスクが90%以上、死亡率は68~91%減少すると結論づけている。

こういった報告を受けて、まずイベルメクチンは発展途上国から使用が始まった。パンデミックを何とか収束させたいとの一心で、政府や自治体が他の治療薬と比べ格段に薬価の安いイベルメクチンを投与したのだ。

「今まで約25カ国の政府や自治体が使用を認めて投与した後、多くの人の症状が改善したとの結果がはっきり数字として出ています。今年の4月頃から感染爆発が起きたインドでは、いくつかの州政府は独自に治療基準を改訂し、イベルメクチンの使用を始めて効果を挙げました。その他にもチェコやスロバキア、ペルーやメキシコなども治療を採用しています」(大村氏)

引用:エコノミスト

イベルメクチンは抗寄生虫薬の特効薬であるが、新型コロナウイルスの増殖を防ぐという内容の論文が多く発表され、特に中南米の地域の人たちから効いたという話がありました。

アメリカの医師団体FLCCCも、イベルメクチンが一番良いと推奨しています。

インドの例

インドはコロナ感染が40万人以上もでていましたが、その数が大幅に減っています。

かつてインドはリンパ系フィラリア症という病気が蔓延していた国で、その特効薬がイベルメクチンでした。

インドでは町の薬局でイベルメクチンを簡単に買うことができるそうです。

 

イベルメクチンに副作用はあるのか?

イベルメクチンの副作用について調べてみると、イベルメクチンの副作用はほぼないようです。

おもな副作用は、吐き気、カユミ、めまいなどです。疥癬においては、ヒゼンダニの死滅後に、一時的にカユミがひどくなることがあります。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
  • 肝臓の障害..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 血小板減少..鼻血、歯肉出血、血尿、皮下出血(血豆・青あざ)、血が止まりにくい。


【その他】

  • 吐き気、吐く、下痢
  • 発疹、かゆみ、めまい
  • 肝機能異常、好酸球数増加

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se64/se6429008.html

 

イベルメクチンは日本で製造している?購入方法は?

イベルメクチンは、日本でも一部の病院で新型コロナの治療薬として使われ、新型コロナの診療の手引きにも記されているため入手することはできるようですね。

調べてみたら以下の薬局で購入することができるようです。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 診療の手引き・第5.2版
2. 日本国内で入手できる薬剤の適応外使用

には、イベルメクチンについて記されていますが、有効性や安全性について確立されていないことに留意する必要があります。

単に記載されているだけって感じですね。

https://www.mhlw.go.jp/content/000815065.pdf

 

イベルメクチンを使った人の反応や入手先は?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました