乃万暢敏とは何者で経歴や職業仕事は?家柄と徳仁天皇との関係は?

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

現在、天皇である徳仁天皇と同級生であった「乃万暢敏(のま のぶとし)」さんって何者なのでしょうか?

ニュースからするととても親しい間柄のようですが、気になりますね。

今回は「乃万暢敏とは何者で経歴や職業仕事は?家柄と徳仁天皇との関係は?」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

乃万暢敏とは何者?

プロフィール

名前:乃万暢敏
生年月日:1959年生まれ
出身地:東京都渋谷区
学歴:学習院高等科
   学習院大学卒業
   同大学院人文科学研究科
職業:株式会社ルニコ顧問
   有限会社N&N代表取締役
   NOMA Ofice代表
   Grace Study Care講師
SNS:Twitter

経歴や職業仕事は?

1959年の生まれの乃万暢敏さん。

どうやらビジネスマンのようですね。

初等から学習院大学で過ごし、同大学院を卒業して株式会社ザ・ペルに入社。

同社の専務取締役として、「輸入事業部門」「教育事業部門」「データ・サービス部門」「旅行事業部門」を統括。

2002年~2009年、特定非営利活動法人ペル教育研究所理事長

2003年~2007年、在京リトアニア共和国 駐日特命全権大使アルギルダス・クジス閣下付顧問

クジス特命全権大使と共に日本国内各地を訪問、リトアニアの啓発活動を行ないます。

2006年に有限会社N&Nを設立。

現在は、

有限会社N&N (N&N Co., Ltd.) 代表取締役社長
NOMA Office 代表
マンツーマン学習指導会「グレイススタディケア」代表
一般旅行業取扱主任者
東京都氏子青年協議会 理事(庶務)
多摩川浅間神社氏子青年会 副会長

を務めています。

NOMA Office
評論家 乃万暢敏が、令和の時代を読み解く。皇室と教育の観点から、令和の時代の日本のあり方を模索する。
グレイススタディケア
多摩川駅から徒歩5分のアットホームな学習塾

乃万暢敏と徳仁天皇との関係は?

学習院初等から大学院まで同級生だった乃万暢敏さん。

他にも幼少期からは「小山泰生」さん、学習院大学からゼミや音楽部の後輩だった「竹内尚子」さんがいます。

幼稚園のときは「宮ちゃま」と呼びなさいと言われていた小山さん。

初等になると「宮さま」と呼んでいた乃万さん。

中学からは「殿下」と呼ぶようになります。

少年時代は生真面目で、イギリス留学で殿下はお代変わりになったようです。

リラックスした雰囲気だった。あのころ、殿下と食事をご一緒したあと、よくみんなで東宮御所まで歩いたじゃない。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Jisin_1714450/

 

高等科3年のとき今の殿下からこんな相談を受けたそうです。

“小さい頃から日本の歴史を教わり、考えて大変興味を持っているから、僕は史学科に行きたい”と。私もそこに進学したかったので“大学でもよろしくやりましょう”ということになりました

そして大学からこんな呼び出しが

“殿下が環境に慣れるまではなるべく同じ授業をとってほしい”と。ですから常に傍にいた。デニムなどラフな格好の殿下に比べ、私は堅い服装でいましたから警護関係者と勘違いされることもありました。当時、殿下が一番お嫌いだったのは、特別扱いを受けること。一学生として振る舞いたい思いが強かったですね

引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05080800/?all=1&page=3

大学では日本中世史のスパルタ教授の安田元久の元で指導を受けていました。

教授は殿下に対しても容赦がなかったようです。

殿下の卒論は

「中世の瀬戸内海の水上交通」で非常に珍しいテーマだったそうですね。

 

このように乃万暢敏さんは、大学時代から常に殿下のお隣にいる方というイメージが周囲から持たれていました。

大学で背広にネクタイ赤いポケットチーフをさしていたようです。

誰も同級生とは思わないですね。

将来天皇陛下ともなるとボディガードのような存在が必要ということですね。

殿下と同じ学部の男子学生たちにも何名かが、殿下のサポートをするように頼まれていたそうです。

 

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「乃万暢敏とは何者で経歴や職業仕事は?家柄と徳仁天皇との関係は?」と題してお送りさせていただきました。

まだ情報が少ない感じではありますが、乃万暢敏さんは初等から大学院まで殿下とともした学友です。

また随時更新していきたいと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました