レイナワールドのプロフィールや経歴学歴は?本名や年齢と家族構成も!

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

ブレイク必至のレースクイーンを発掘する「サンスポレースクイーン」が始まりました。

今年の2021年も決勝進出者が発表され、ザっと見ていると東京大学大学院の『レイナワールド(Reina+World)』さんという人物に目が留まりました。

プロフィールなんかを見ていると、ヴァイオリンをやっていて、しかもオーケストラに所属して、さらにシンガーソングライターで、またモデルやタレントなどと、マルチに活躍している方ということが分かりました。

その中でも、レイナワールドさんの本懐はやはり研究なのだといいます。

今回は「レイナワールドのプロフィールや経歴学歴は?本名や年齢と家族構成も!」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

レイナワールドのプロフィール

名前レイナワールド
本名みやざわレイナ⇐たぶん
生年月日1990年11月16日
年齢30歳 ※2021年8月時点
出身地愛知県豊橋市
身長160cm
血液型A型
趣味昆虫をはじめとする生き物の観察
料理・美容
特技ヴァイオリン
スリーサイズ88-60-88cm
出身大学千葉大学理学部
出身高校愛知県立時習館高等学校
事務所アッシュプロダクション
SNSInstagram
Twitter
YouTube
Facebook
ブログhttps://ameblo.jp/reidol3b/

 

レイナワールドの本名

レイナワールドさんの本名ですが、Wikipediaや公式サイトにも掲載がなくFacebookも芸名になっていました。

しかし、よく詳細に確認すると、もしかすると「みやざわれいな」の可能性があります。

公式情報ではないので、信憑性には欠けます。

 

レイナワールドの年齢

レイナワールドさんの年齢ついて、こちらも基本的に年は非公開のようです。

が、アッシュプロダクションの情報には、1990年11月16日となっていましたので、レイナワールドさんの年齢は30歳となります。

 

レイナワールドの家族構成

レイナワールドさんの家族については、特に情報がありませんでした。

分かり次第、追記していきたいと思います。

 

レイナワールドの経歴や生い立ち

生い立ち

昔から虫好きだったレイナワールドさんは、図鑑を全部覚えたり、むしむしクイズをしたり、虫の生態を纏めたものを近所に配ったり、あだ名が昆虫博士と呼ばれるぐらいの虫好きでした。

いまでも虫は好きでYouTubeチャンネルで、セミの羽化観察の動画をあげています!

 

そんなレイナさんは小学5年生のときに、虫とはほど遠い分野の研究に入り込んでいきます。

祖母をがんで亡くし、がんの研究をしたいと思うようにいたり、分子細胞生物の最先端の研究所で働くことを目標に掲げます。

2歳からヴァイオリンを始めていて、プロオーケストラにも所属して作詞作曲も手掛けています。

中学生のときはブラスバンドに所属して、トロンボーンを担当していました。

 

大学は千葉大学で生物学を専攻していて、高校の教員免許も取得しています。その後、東京大学大学院へ進学し、マウスの解剖から細胞を使って遺伝子と寿命の関連性の研究を行っていました。

 

分子生物學を専門とするレイナさんは現在、ミツバチの脳についてです。

ミツバチ社会の役割を決定する遺伝子の研究です。

「ミツバチ社会は、一匹の女王バチ、数千匹の雄バチ、数万匹からなる働きバチ(雌バチ)で構成されています。また、働きバチもエサを採る個体、子育てをする個体というふうに役割が分かれていて、ミツバチ社会はすごく統率が取れているんです。このカースト制度を決定付けるものは何なのか。その謎を解くために世界中でいろいろな研究が進められていて、私が所属する研究室では、この役割を決めている遺伝子が脳の中で働くのではないかと考え、研究しているんです」

引用:https://emira-t.jp/rikei/10576/

役割を決める遺伝子が脳の中にあるかもしれないということですね!

サイエンスコミュニケーター

また工学部や医学部と比べて、どこか一般人に対して閉ざされているの感じたレイナさん。一般の人にも知ってもらおうと、”さかなクン”や”でんじろう”先生のような存在を目指すようになります。

科学と芸術を兼ね備えたレイナさんは、「科学と芸術は人類を救う」をテーマに、科学と社会を繋ぐシンガーソングライターとしても活動するようになります。

歌詞に、生物や科学の専門用語が散りばめられているんだそうです!

 

こちらはファスマックとのコラボ曲となっています。

確かに専門用語が組み込まれていますね。

 

 

こうした取り組みから行政や百貨店とコラボした子ども向けの科学教室を開いたりと、科学教育にも力を入れています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました