2020年の新しい祝日や年間の日数は?オリンピックの影響で移動?

エンタメ
Sponsored Links

皆様こんにちは!

昨年2019年には新天皇が即位し、新しい祝日ができたり、平成天皇の誕生日が平日になったりしました。

今年2020年はオリンピックの年でもあり、新しい祝日がいくつかあります。嬉しいことに連休になる月もあったりします。

今回は「2020年の新しい祝日や年間の日数は?オリンピックの影響で移動?」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

2020年の新しい祝日は?

祝日は1948年7月20日に施行され、『国民の祝日に関する法律』で決まっています。

今年は新しい祝日が2つあります。

  1. 天皇誕生日:2月23日
  2. スポーツの日:7月24日(2020年のみ)

です!

 

 

「天皇誕生日」は令和になり新天皇の即位に伴い、今上天皇である第126代天皇徳仁の誕生日「2月23日」なります。

因みに、2月23日は日曜日のため、翌24日の月曜日が振替休日となります。

 

スポーツの日は、1964年東京オリンピック以降「10月10日」が体育の日でした。(2000年からはハッピーマンデー制度で10月第2月曜に)

2020年からは「体育の日」の名称が「スポーツの日」に変更され、7月24日がスポーツの日になります。

 

2020年はオリンピックの影響で祝日が移動?

実は7月24日にスポーツの日がくるのは、2020年のみになります。

2020年はオリンピックの年であるため、7月24日にスポーツの日が移動します。

このため2020年の10月の祝日がなくなります。翌年2021年以降は10月の第2週月曜日になります。

祝日の移動は他にもあります!

「海の日」も通常第3月曜日である7月20日に設定されていますが、オリンピックの開会式のため23日に移動しています。

8月11日に定められている「山の日」も2020年は8月10日に移動されています。オリンピックの閉会式が8月9日であることを考慮してのことですね!

2020年の年間祝日日数は?

祝日の日数は大体年間を通して16日あります。

しかし、土日に祝日が重なったりすると、振替休日がでてくるので増えたりする年もありますね!

2020年は振替休日が2日あるので、2日分増えて年間18日祝日があることになります。

1.元旦1月1日
2.成人の日1月13日
3.建国記念の日2月11日
4.天皇誕生日2月23日
5.振替休日2月24日
6.春分の日3月20日
7.昭和の日4月29日
8.憲法記念日5月3日
9.みどりの日5月4日
10.こどもの日5月5日
11.振替休日5月6日
12.海の日7月23日
13.スポーツの日7月24日
14.山の日8月10日
15.敬老の日9月21日
16.秋分の日9月22日
17.文化の日11月3日
18.勤労感謝の日11月23日

 

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「2020年の新しい祝日や年間の日数は?オリンピックの影響で移動?」と題してお送りさせていただきました。

年間祝日が多い年になるので嬉しいですね!

オリンピックの影響で移動もあったりして、お盆とオリンピックの休みの間に休みを取得することができれば、9連休が実現することも可能です!

令和になってオリンピックもあり、祝日の移動もあり変則的ですが、令和の時代を享受しているような気がします!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました