即位礼正殿の儀|虹の聖書の意味や言霊学がスゴイ!日本海外の反応も

聖書
Sponsored Links

皆様こんにちは!

先日、10月22日に執り行われた「即位礼正殿の儀」。

直接見てみたかったのですが、当日は雨でした。

が、雨が上がると皇居をまたがる虹が掛かったようですね!これも見たかったです!

雨でどんよりした雰囲気で終わってしまうのかと思ってましたが、招待された来賓の方々も喜んだことと思います。

虹って、光の周波数の違いによって屈折角が変わり、いろんな色が見られる現象ですが、そういった物理的な意味だけではないようです!

今回は「即位礼正殿の儀|虹の聖書の意味や言霊がスゴイ!日本海外の反応も!」と題してお送りいたします。

Sponsored Links

即位礼正殿の儀|虹の聖書の意味や言霊学がスゴイ!

聖書には「虹」がでてくる箇所が何か所あるかは分かりませんが、でてくるところがあります。

ちょっとした聖書の豆知識とかじゃなくて、けっこう核心的な内容だと思います。

「虹」は聖書では「神との契約」を表します。さらにそれを色で以って表現しているわけですね!

聖書の創世記9章の12節から16節を確認してください。

09:12更に神は言われた。「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。

09:13すなわち、わたしは雲の中にわたしのを置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。

09:14わたしが地の上に雲を湧き起こらせ、雲の中にが現れると、

09:15わたしは、わたしとあなたたちならびにすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた契約に心を留める。水が洪水となって、肉なるものをすべて滅ぼすことは決してない。

09:16雲の中にが現れると、わたしはそれを見て、神と地上のすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた永遠の契約に心を留める。」

3か所でてきましたね!

神と、あなたがた、共にいる生きものたちの間の契約ということになります。

これはノアの時代に教えられていたことです。

そして、虹の色は普通7色と考えられますが、本当は8色となります。

「紅・赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」

言霊学では、虹は8父韻で表します。

「チ・イ・キ・ミ・シ・リ・ヒ・ニ」

これが虹の各色に対応しています。

古事記でいうところの天の浮橋です!ここからイザナギとイザナミの創世神話が始まります。

つまり、即位礼正殿の儀で虹が出現したということは、神と我々を代表した天皇陛下との契約で、「言の葉の誠の道」を言霊を顕した御姿となられたというような表現ができるのではないかと思います。

即位礼正殿の儀|虹の日本や海外の反応も!

ツイッターからの声をいくつか引用します。

Twitter

 

おわり

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「即位礼正殿の儀|虹の聖書の意味や言霊学がスゴイ!日本海外の反応も」と題してお送りさせていただきました。

聖書からみた「虹」の意味は神がかっています!

ほんとに日本が祝福されているかのような、神話とかでもでてきそうなぐらいの出来事だったのではないでしょうか?

聖書は西洋の書物ですが、実は日本とも繋がっているところが多々あります。

これを機に聖書に触れてみるのも良いかもしれません。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました