堀大輔(ショートスリーパー)の経歴や職業は?短眠法も気になる!

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

いつもどれぐらいの睡眠時間をとっていますか?

中には寝ないっていう人もいるし汗(笑)

8時間がベスト睡眠時間だと聞いたりもします。

「ショートスリーパー」という言葉を聞いたことありますか?

短い時間の睡眠しかとらない人たちのことですね。実はこのショートスリーパーを育成する機関があるそうです。

今回は7年もの歳月で睡眠を研究し、独自の睡眠理論を構築した堀大輔(ほり だいすけ)さんの経歴や職業、気になる短眠法について紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

堀大輔(ショートスリーパー)の経歴や職業は?

ショートスリーパーの堀大輔さんは1983年11月2日生まれ。

兵庫県尼崎市出身。

現在はGAHAKU株式会社の代表取締役を務めていらっしゃいます。

冒頭で触れたように、普通の平均的な睡眠時間ではなく、快適な睡眠と起床ができる能力を開発。睡魔が発生しないようなポテンシャルが発揮できる睡眠をサポートしているそうです。

高校を卒業して、1年ほど音楽活動をし、元々絵が上手かったため油絵の画家として壁に絵を描く仕事に就いています。

その美的センスが抜群だったのか、

ギターの制作職人になりその才能を生かしています。木材の買い付けから加工、塗装、組み立ての一連の作業を担当し、

化学プラント設計としてビールの発酵設備など日本酒蒸留設備を造っていたり、多岐にわたった職業の経験があるようです。

ショートスリーパーになったきっかけ

 

堀大輔さんがショートスリーパーになりたいと考えたのは実は、なんと小学生のころからでした!

びっくりです!(笑)

実は堀大輔さん、重度のアトピーでした。

寝ていると無意識に身体中をかきむしってしまうため、寝ないようにするにはどうしたらよいのか考えたことがきっかけということなんですね。

高校を卒業して音楽活動していましたが、そのときも先輩たちに1日16時は楽器の練習をしろと言われていたそうです。

そして、実はバンド仲間のドラマーがショートスリーパーだったそうです。

あまり寝ていないのにTOEICの点数は985点!

海外のミュージシャンとも英語でそつなく話していたそう。

そのドラマーの方は、子供のときからの教育で自然とショートスリーパーになったそうです。

そのときから、能力を開発していきたいと発奮し、どうすればショートスリーパーになれるのか模索するようになります。

ショートスリーパーになったときはいつ?

どうやらどこぞの大学の教授とショートスリーパーの研究を行っていたようです。

結果的に、25歳、7年ほどでショートスリーパーになったそうな。

いろんな実験を繰り返したそうですが、例えば単純に睡眠時間を短くして生活をするというものですが、起きられなくなり挫折。

ショートスリーパーになるためには、明確なメカニズムにもとづいたカリキュラムに沿って取り組むことが近道だと思います。

めちゃくちゃ知りたいですわ!(笑)

 

堀大輔(ショートスリーパー)の短眠法も気になる!

25歳まで8時間睡眠だった堀大輔さんですが、ショートスリーパーになってから3時間以下の睡眠で10年間健康に過ごしています。

短眠法を身につけるためには、『7つのルール』があるそうです。調べてみたところ、3つまでは公開されていました。残りはメルマガやショートスリーパー協会で説明を受けるしかありません。

ここでは3つのルールについて書いていきます。

ルール1・二度寝、スヌーズ機能使用の禁止

まずこれを辞めることで、すっきりとした寝起きができるんだとか。

ここで躓く人が多いようです。

が、一番最初のルールなだけ、しっかり守ってほしいルールだそうです!

本来人間は起きたいときに目覚めることができるそうで、二度寝とかしちゃうとコルチコトロピンの分泌がなくなり起床が辛くなるそうです。

コルチコトロピンは起床を手助けするホルモンのこと。

ルール2・自分の睡眠を記録する

睡眠を記録することで、自分の睡眠を見つめなおしコントロールできるようになるということ。

起床時間、就寝時間の記録はもちろんのこと、眠気が生じたタイミングや寝る前後の感覚を記録すると改善に役に立つ。

精神状態を記録することで、どのようなタイミングが快適に目覚めるのか二度寝してしまうのか分析できるためといことですね!

ルール3・1日1回はパワーナップをとる

パワーナップとは15分以下の仮眠のことです。

仮眠は劇的に眠気をとることができます。

昼の15分のパワーナップは、夜の1時間半程度の睡眠に相当するそうです。これをしているかしていないかで夜の睡眠時間を短くするのに有効です。

 

まとめ

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回はショートスリーパーである堀大輔さんの経歴や職業、気になる短眠法について書いてきました。

3時間睡眠で過ごすことができたら、皆さんは何して過ごしますか?

中には必要のないかといらっしゃるかもしれません。

私は、なるべく短い睡眠でほかにやりたいことしたいですね。

ちょっと短眠法を実践してみようかな~

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました