バチェラー3|4話の感想やあらすじ&ネタバレも!2on1涙の脱落

エンタメ
Sponsored Links

皆様こんにちは!

バチェラージャパン3【4話】が始まりましたね!

今回でも「あらすじ」「ネタバレ」に加え「感想」も書いていこうと思います。

4話の見どころは「2on1」ではないでしょうか?

このあたりから本気で結婚相手を見極めにきている感じも出てきています。人数も半分になってきているので、より深く相手の本性をみようとするバチェラー。

それではバチェラー3【4話】を見ていきましょう!

【3話】を観ていない方はコチラ↓↓

バチェラー3|3話の感想やあらすじ&ネタバレも!岩間VS野原?
皆様こんにちは! バチェラー3の3話についてまとめました。 今回も あらすじやネタバレ 感想 今後の展開や予想 について書いていきたいと思います。 前回の2話の内容がまだの方はコチラをどうぞ↓↓...
Sponsored Links

バチェラー3|4話の感想やあらすじ&ネタバレ

今回のグループデート、ツーショットデートに2on1の説明が予めされていました。最初のグループデートに続き残ったメンバー3人の内だれかがツーショットデート。そして2人が2on1ということになりますが、残った3人がどのように振り分けられるのか、本人たちが一番気にしているところでしょう。

ゴーカートデート

選ばれた7人のメンバーはコチラ。

田尻、岩城、髙田、岩間、野原、水田、城田さん

ゴーカートレースでは、勝負事になったときの本気の顔を見てみたいとバチェラー。

カートが4台しかなく、じゃんけんで負けた岩間さんとバチェラーがツーショットに。

そのときに最後のカクテルパーティーのときに「ジンジャエール」にしてくれたことに感謝の言葉を岩間さんに伝えますが、実はジンジャエールを用意してくれたのは「水田さん」だったことが岩間さんから判明します。

岩間さんは飲み物が入ったグラスを友永さんに渡しただけでした。

バチェラーは気遣いとかできる水田さんにかなり惹かれている様子でした。

岩間さんもこのことを話さなかったらあとで墓穴を掘ってしますところだったかもしれないですね。

■ゴーカートタイムアタックレース■

肝心のゴーカートデートですが、ゴーカートタイムアタックレースが行われました。

タイムアタックをして一番をとった人が友永さんとリムジンで帰ることができる特典がついていました。

見事1位を獲得したのは田尻さんでした。

リムジンへと向かう途中でほかの女性陣たちにジョークで「夫婦に見える?」と投げる友永さん、「見えないみえない」と全力のバッシングを浴びていました(笑)

嬉しそうな田尻さんですが、話したのは他の女性たちのことや共同生活のことなどばかりで、期待した通りのものではなく哀しい様子の田尻さんでした。

田尻さんとバチェラーはまだ表面的な接点しかない感じがします。バツイチの件もあるので、バチェラーはどのように見ているのか気になりますね。

水族館でのツーショットデート

夜のツーショットデートは水族館でのディナーデートでした。

選ばれたのは、濱崎麻莉亜さん。

普段みんなの中にいる彼女は緊張していて、1対1でその緊張を解いてあげたいというのが理由でした。

濱崎さんが選ばれたということは、中川さん、金子さんが2on1で戦うことになります。

濱崎さんについては、藤森さんが推していていますが、あまりまだ比較的めだった感じはなかったですが、今回のデートで本当の恋人かのように距離が一気に近づいたんじゃないでしょうか。

ディナーでは友永さんのトマト嫌いが判明します。濱崎さんはそんなバチェラーにカワイイとからかいます。

ホントに濱崎さんの良さが出てきた回だと思います。このディナーを楽しみにしていた濱崎さんは、バチェラーに手作りの指輪をプレゼントします。

最初のローズセレモニーで婚約指輪を用意してくれたバチェラーに自分が受け取りたいと結婚指輪を見立てて作ってきたそうです。

バチェラーに指輪を渡して、そのおねだりをしようと、中身を聴く前にすかさずサプライズローズを差し出したバチェラー。

さらに!

バチェラーから特別な、なんと言ったらよいのでしょう?

ほっぺにキスではないんですけど、相手の頬と自分の頬を近づけて4回するということに意味があるそうです。

これは家族や好意をもっている人に4回するみたいです!

「妹じゃなくて、結婚相手として彼女は、僕は見れます」

今回のデートで濱崎さんが急上昇です!

2on1デート!中川VS金子!

残されてしまった2人には友永さんから招待状が届いていました。

今回のデートの組み合わせ意図は、今まで「知っていた人」と「知らなかった人」対極に位置する方同士を合わせたようです。

金子さんは、バチェラーと育ってきた環境が完全に一緒で、今まで出会ってきた人たちの代表例。

それとは全く逆の中川さん。

今までプライベートで会うことのなかった人間でした。これまで話してきて感じた魅力も多かったと話す友永さん。

今回のデートのポイントは「極限状態」になったときの2人の態度でした。ほんとに結婚に対しての強い思いをあるのかということを観ようとするバチェラー。またお弁当についても注目です!

舞台は大草原の中の、天然プール。

「かなづち」だと明かす中川さん。そこにすぐにでも「ここから一緒に飛ぼうか」と試すかのように語り掛ける友永さん。高さは5m!

「飛びます」と怖がりながらも即答の中川さん!

金子さんは、「怖さはあります」と苦手な様子を出しています。

先に友永さんが飛び込み、そのあと2人の飛び込みの差が顕著に表れていました。

手を組んで神様に祈るかのように心配しながらも、

中川さん:「友永さんの元に飛びます。これが愛の証ですね」と5mからダイブ!

金子さんは1mもない高さからのダイブでした。

とてもお嬢様のようなお風呂入るみたいな入り方の中川さん(笑)

  • お弁当の中身は?

金子さん厚焼き玉子とブロッコリーが見えました

「30歳までには結婚したい。1年後には結婚していて、神戸にでもフランスでも身一つでどこへでもいく」と将来像を語る。

中川さん:ガパオライス、キウイなどのフルーツ、チョコブラウニー

少し友永さんには馴染みのない料理でしたがおいしく食べていました。

◇友永さんが選んだ女性◇

「僕が将来をイメージできた人に渡したいと思っています」

選ばれたのは「中川祐里」さん。

少し金子さんと話しますが、「運命の人は俺ちゃうんじゃないか」ともっと素敵な人がいると思ってしまった友永さん。

「夫婦になったとき、僕だけが思いっきり突き進んでいって後ろから支えますっていうのは、望んでいる夫婦像じゃないんですよ」

「一緒に道を切り拓いていきたいと思っています」

「中川さんだったら自分の人生という冒険についてきてくれそうでした」

「金子さんだとそれが想像できなかった」

バチェラーが求めているのは、強い女性ですから一緒に飛び込められなかったのが大きいのかな?

カクテルパーティー

いつもよりも雰囲気が暗いパーティー。

そろそろ楽しければよいだけじゃなくて、自分も相手も将来をイメージできるそんなパーティーにしていきたいと友永さん。

4話目ですが、かなりふるいに掛けてきているところがありました。

  • 城田さん:

バチェラーに好きであることを告白して、バチェラーも受け止めます。しかし「僕が求めている像と相手が求めている像があまりにも違いすぎて、それも壊すのが嫌だって思って言えない自分がいた」と感じていた友永さん。

城田さんは自分が愛されればそれで満足しちゃっているところがありますね。

  • 岩間さん

みんなに対してキスをしているんじゃないかと不満がたまって自分にもくれてもいいんだよ?おねだりしますが、ハグでやんわりと断るバチェラー。

  • 野原さん:

ライバルだった金子さんがいなくなり、正直さみしいと語る野原さん。みか姉の分も真也に心からの想いを直接伝えたかったと話す。

  • 田尻さん:

いつものように皆に見せびらかすように「みんな学んでや!これぐらいされたら男の心はグラつく」と田尻さんと絡むバチェラー。

とても田尻さんの色気に魅せられてしまっているように見えますが、今回のバチェラーは一変してこれまで感じていた田尻さんへの違和感について話します。

「女性の魅力をめっちゃ武器にしてくるよね?」

「男を虜にするような接し方はすごいなと思う。でも夫婦とかになったら俺はちょっと心配しちゃう」

特に以下のやり取りで田尻さんに対する違和感に言及しています。

田尻さん:「前の彼氏も5年付き合ったし、その前も3年付き合ったし、その間も1回もぶれてない」

バチェラー:「別れた原因は?じゃあ」

田尻さん:「・・・・・・・・」

バチェラー:「なんかいつもそこで考えるやん。そこでも、これ言っていいんかなあかんのかなっていうのを、今の一瞬もめっちゃ考えてん」

田尻さんに感じる違和感をちゃんと伝えたバチェラー。そいいうところで考えない相手が良いとコメントしています。

本音でしゃべってないなと気付いていたようですね。結局拭えないまま終わってしまい、田尻さんも明かすことができませんでした。

ちょっとローズセレモニーが心配ですね。

選ばれても早く打ち明けないと苦しいままです。

ローズセレモニー

既にローズは中川さんと濱崎さんが持っています。

  • 選ばれたメンバー

野原、髙田、岩間、水田、田尻さん

  • 脱落したメンバー

金子、城田、岩城さん

またしても腹いせを受けるバチェラー

岩城さんですが、思いが伝わらなかった悔しさを腹パンで解消します(笑)

そして、かなり強いやつ入ってましたね(笑)

「そんだけ重たいものがあるならもっと先に見せてほしかったのが僕の本音です」

バチェラー3【4話】の考察・次回の予想

岩間さんと同じ位置に、野原さんが来たといったところでしょうか。

いまのところ2人がツートップを走っている感じですが、ちょっと伸び悩んでいる岩間さん。

そのあとを追随しているのが、水田さん、髙田さん、田尻さん。

濱崎さん、中川さんはまだ安心できないですね。中川さんはまだツーショットにいってない上、金子さんとの比較で生き残ったっていうだけなので、まだまだ有利とはいえません。

田尻さんもバツイチの捉え方によっては脱落する可能性が大きいと思われます。

それでは次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました