中秋の名月とはいつで読み方や意味は?仲秋の名月との違いも!

イベント
Sponsored Links

皆様こんにちは!

9月13日は月が1年のうちで最も美しい日、「中秋の名月」です。

十五夜のことですね。

筆者も今年のを忘れていました汗

この日を日本人は特別なものとしてきました。暑い夏から急に涼しく空気も乾燥していて、月がとても綺麗に見えます!

今回は「中秋の名月とはいつで状態や意味は?仲秋の名月との違いも!」と題してお送りいたします。

Sponsored Links

中秋の名月とはいつで読み方や意味は?

Book, College, Education, Girl, Literature, Outdoors

「中秋の名月」とは旧暦8月15日の「月」のことで、1年の内で最も月が美しいとされています。

旧暦では7月、8月、9月が秋で、それぞれ初秋、中秋、晩秋と呼ばれていました。

「中秋」は「ちゅうしゅう」と読みます。「ちゅうしゅうのめいげつ」となります!

因みに、中秋の名月は「満月」ではないらしいですね!

月の軌道は円ではないので、ピッタリ15日が中間点にはならないそうです。

なので、天文学上の満月は中秋の名月の翌日の8月14日となるそうです。

 

中秋の名月と仲秋の名月との違いはなに?

いろいろ調べていると「中秋」や「仲秋」と表現されていたりします。

どういった違いがあるのか、はたまた同じ意味のなのか?

どちらも「ちゅうしゅう」と読みますが、少し扱われる範囲が違います。

「仲」「旧暦の8月」を表すときに「仲秋」と書き、「仲」の字を使います。

「中」を使うときは、秋のちょうど真ん中の日「旧暦の8月15日」のみを指すときに使います。

ですので、正確に「ちゅうしゅうの名月」とは旧暦の8月15日に見える月のことですから、漢字で書くときは「中秋の名月」と書くのが正しいのです。

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「中秋の名月とはいつで読み方や意味は?仲秋の名月との違いも!」と題してお送りさせていただきました。

実際に夜空を見上げてみると、ホントに綺麗なお月様が観られます!

この日の気候は晴れていて、夏が終わり秋が来たような感じがします。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました