愛知県蒲郡市ウイルスばらまく50代男性の持病の病名や死亡原因は?

ニュース
Sponsored Links

皆様こんにちは!

愛知県の蒲郡市で、新型コロナウイルスに感染していながらも、飲食店で「ウイルスばらまき」で騒動を起こした男性が死亡したとの報道がありました。

どうやら50代男性は元々重たい持病を患っていたようです。

死因がコロナウイルスによるものなのか、はたまた持病故なのか、調べてみました。

今回は「愛知県蒲郡市ウイルスばらまく50代男性の持病の病名や死亡原因は?」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

愛知県蒲郡市「ウイルスばらまく」50代男性の持病の『病名』や『死因』は?

この男性は3月18日の午後1時ごろに入院していた病院で死亡が確認されました。

死因は、新型コロナウイルス感染による「肺炎」とされています。

5日に入院してすぐに、発熱や呼吸器の異常が出ていました。

また「肝細胞がん」という持病もあったそうです。

『肝細胞がん』とはどんな病気?

肝臓にできる「がん」を、「肝がん」とか「肝臓がん」といいます。

「肝細胞がん」とは少し違っているようです。

まず、肝臓を構成している細胞からなる「がん」を、「原発性肝がん」と呼びます。

そして、この肝臓を構成している細胞は主に2種類あり、

肝臓の大部分を占める「肝細胞」
肝臓で作られた胆汁を十二指腸へ運ぶ胆管の細胞「胆管細胞」

があります。

つまり、「原発性肝がん」は、『肝細胞がん』と『胆管細胞がん』に分けられます。

「肝細胞がん」が圧倒的に多いそうです。

どうして『肝細胞がん』になるのか?

肝臓がんになる人には特徴があるみたいです。

B型肺炎やC型肺炎に10~20年かかっている方が多いそうです。

全国集計によると、肝臓がんの80%は「肝炎ウイルス」にかかっていて、肝臓がんでなくても肝炎ウイルスの人は要注意です。

肝炎やお酒、生活習慣病によってかかってしまうケースが多いようです。

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「愛知県蒲郡市ウイルスばらまく50代男性の持病の病名や死亡原因は?」と題してお送りさせていただきました。

元々、肝細胞がんという病気を抱えた状態での新型コロナウイルス感染ですから、複数の病気が相乗した可能性もありますね。

自身の死が近づいていることを知っての行動だったかもしれませんね。

詳しい情報が分かれば追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました