岡田結実のショートヘアがかわいい!女子高生無駄づかいの評価は?

ニュース
Sponsored Links

皆様こんにちは!

漫画『女子高生の無駄づかい』が実写化さることが決定され、2020年1月から放送されます。

そこにタレントの岡田結実さんが主演で主役のトリオの1人を演じます。

これまでの岡田結実さんをぶち破った演出になっているみたいで、どんな役作りをしているのか調べてみました。

今回は「岡田結実のショートヘアがかわいい!女子高生無駄づかいの評価は?」と題してお送りいたします。

Sponsored Links

岡田結実のショートヘアがかわいい!

2020年1月にスタートするドラマ『女子高生の無駄づかい』の主演に抜擢された岡田結実さんは、役作りのため自身の髪の毛をバッサリ30cmほど切ってショートヘアにしました。

自身のインスタグラムで投稿しています。

岡田結実おかだゆい on Instagram: “ちなみにオカダのショートはこんな感じ ドラマでは、もっと残念?シュール?サラッと?メンズっぽく?に行くぜ💩”
8,456 Likes, 134 Comments - 岡田結実おかだゆい (@okada_yui_official) on Instagram: “ちなみにオカダのショートはこんな感じ ドラマでは、もっと残念?シュール?サラッと?メンズっぽく?に行くぜ💩”

ショートだと少しボーイッシュな感じが出てますけど、とても可愛らしいです!

Instagram

「短いのも似合っている」など称賛する声もありますが、筆者はロングの方が好きですね!(笑)可愛いなって思います!(笑)

岡田結実主演の『女子高生の無駄づかい』の評価は?

「女子高生の無駄づかい」は、さいのたま女子高等学校に通う「バカ」「ヲタ」「ロボ」という呼び名の3人の女子高生たちが、女子高生活を無駄に浪費する日常を描いた作品となっています。

2019年7月にアニメ化もされていました。

岡田結実さんが演じるのは、主人公の「バカ」こと田中望。

バカとかストレート過ぎて爽快ですね(笑)

性格は、あだ名の通り、すがすがしいほどのバカで問題児のようです(笑)

物怖じしない、空気が読めないキャラクター。

以下は田中望さん演じる岡田結実のコメントです!

 私が演じる「バカ」は本当にバカだなー!っていうのが第一印象でした(笑)。でも高校時代、「私もこんなことやってたな」って懐かしくなりましたし、それを演じさせていただけることはめちゃめちゃうれしくて「よし、ぶっ壊れよう!」と思いました。でも周りのみんなには「役作りしないでもいけるじゃん」って言われたので、「なにくそ!」って思いながら今、ここにいます(笑)。
 今日メイクをして制服を着たら、恒松さんも中村さんもすっかり「ヲタ」と「ロボ」として存在していて、「すごい!これがほんまもんの女優さんや!」って感動しました。
 「バカ」は憎めないキャラで、かつシンプルに面白い。でも“憎めない”という部分を外してしまうと、ただの嫌われ者になってしまうので、そこはしっかりと押さえつつ、何も考えずに挑みたいと思っています。今回の役のために、髪の毛もバッサリ切ったんです! 小さい頃以来のショートカットなので、自分でも朝起きて鏡を見るたびに「おおおお!」って驚いています(笑)。ただ家族からは不評……。皆さんには髪型も含めて愛してほしいです(笑)。
 この作品をドラマ化し、私が出演させていただくというお話を聞いた時、本当にたくさんの方々の魂や愛情を感じました。ご覧になる方々にも「こんな高校時代過ごしていたな」とか「女子校ってこんな感じなんだ」なんて思いながら見ていただきたいですし、もしかしたら男性の方々が抱いているかもしれない“女子校への淡い夢”みたいなものは、もうぶち壊していきたいと思っています。
 「この子たち、残念すぎる!」って思われながら、皆さんの金曜日を笑いに変えたいと思います!

アニメの田中望はホントの『バカ』のようですね(笑)

岡田結実さん自身も高校時代はいろんなバカをやっていたみたいで共通点が多いようです。

そして意識低い系女子たちだけあって、「変顔」「ガニ股」「下ネタ」覚悟の激ヤバJKということですが、本人も「ぶち壊したい」と意気込んでいます。

役作りしなくてもいいけるんじゃないと言われるぐらいだから、役にピッタリだったんでしょうね(笑)

ただ、ショートヘアは家族には不評でしたが(笑)

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「岡田結実のショートヘアがかわいい!女子高生無駄づかいの評価は?」と題してお送りさせていただきました。

女子無駄面白そうですよね~?

意識低い系女子の集まりで、意識低い系会話で、意識低い系日常の連続。

よくこんな設定を思いつくなーと思いました。

筆者はこの作品を知らなかったので、ちょっとアニメから見てみようかなと思いました。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました