バチェラー3|8話の感想やあらすじ&ネタバレも!田尻か水田が脱落

アマゾンプライムビデオ
Sponsored Links

皆様こんにちは!

バチェラー3|【第8話】が配信されました!

ここから、ついにバチェラーが参加女性の家庭を訪問する段階になります。

毎回、このバチェラー3の次回予告が悪意がありすぎて、実際観てみるとなんてことはありませんでした。

いままでのデートが豪華すぎるため、家庭訪問とはかなりのギャップがありますが、残った女性たちの姿やバチェラーの振る舞いが見どころですね。

それでは、バチェラー3|【第8話】をみていきましょう!

7話がまだの方はコチラ↓↓↓

バチェラー3|7話の感想やあらすじ&ネタバレも!まさかの最後!
皆様こんにちは! バチェラー3|第7話が配信されました。 現在残っているメンバーは5名で、今回で4名になり、女性たちの家庭訪問をするメンバーが決まります。6話の次回予告で気になっていた瞬間も謎が解けました! 友永さんは、本...

 

Sponsored Links

バチェラー3|8話の感想やあらすじ&ネタバレ!

今回バチェラーが家庭を訪問する女性たちは

野原、田尻、岩間、水田さんです。

野原遥さんの実家~野菜がスゴイ

さっそくつなぎ姿で畑しごとをしている野原さん。

実家は茨城県。

初めてつなぎすがたで作業する野原を見ますが、非常に合っています(笑)

バチェラーもグアムのとき見てみたいと言っていましたね!

スーツ姿で畑へと向かう友永さん。

友永さん:「はるかー!」

その呼びかけが聞こえる方に顔を向ける遥さん。

野原:「ようこそー、やっほー

遥さんから見ると、友永さんは畑は似合わないようです(笑)

ネギを運びながら、父親の元へ向かう2人。

ちょうど作業中だった野原さんのお父さん。

初の顔合わせで、ネギを食べるように催促されてしまったバチェラー!ネギは苦手で少し戸惑っていましたが、ガブっと一口!

思っていた感じと大分違ったのか、味は全然違ったようです!これならいけると友永さん。

遥さんが家族と一緒にいるときが自然な笑顔で、デートしているときより素敵に感じましたね!

そして、3人で自宅に向かいます。

豪華な食事が用意されていて、友永さんを迎い入れたのは、祖父母、両親、妹2人の6人の家族。

8話の次回予告で悪意のある切り取りですが、一部分でちゃんと前後関係がありました。

「野菜は好きですか?」の質問に

友永さん:「野菜はーー・・あのーー・・本来・・・・嫌いです」

「本来」が付くかつかないかで全然違いますわ!

なんでも本音で言えばよいわけではないですからね。安心しました。

そして仕事の話になります。

「仕事のできない女はダメ」と、ばあちゃんはいつも言っていたようです。

野原さんの怖さの片鱗を見た友永さん(笑)

もし、この2人が結ばれたら、しっかりと友永さんを引っ張っていってくれそうですね!

最後に、お父さんと友永さん2人切りで話します。

  • 遥さんは理想の女性像に一番近いこと
  • お父さんと距離が近いことがすごく良い
  • 家庭的な面があることが魅力的

以上の正直な気持ちを話す友永さん。

グアム事件の話も共有します。

あの事件を乗り越えたから、友永さんと出会えたからと、お父さんの愛情が感じられます。

田尻夏樹さんの実家~ハヤテ君とドローン

今の段階で不安は、12歳の子の父親になれるのか。

分からないから会って、父親になる覚悟があるのか確認しようとする友永さん。

車で登場する友永さん。

両親が働く工場で両親に挨拶をしてから、子どものハヤテ君に会いにいくことになります。

田尻さんにとっては思い出が沢山詰まった工場で、そこで両親と一緒に話をします。

両親がやはり心配するのはハヤテ君のこと。

友永さんも、ハヤテくんが嫌がるかもしれない、受け入れてくれるかもしれない。

実際に会うとどうなるか分からないと、田尻さんも心配になっています。

そしてハヤテ君と初対面!

車で向かった先では、夏樹さんの妹さんも一緒に待っていてくれました!

最初は中々、目も合わずにいましたが、徐々に明るい表情になっていきます。

遊ぼう!と港に向かいますが、何をするのかと不思議がっていた夏樹さん。

実はこの日のためにハヤテ君に「ドローン」のプレゼントを用意していた友永さん。

これはさすが友永さん!

夏樹さんを置いて、2人でドローンで遊びます。

途中で夏樹さんも一緒に交じって、3人で遊びます。

「お父さん、お母さん、子どもがいるってこんな感じなんだなって」

結婚したあとの家族のイメージを膨らませることができた田尻さん。

友永さん、めちゃくちゃお父さんに見えます!

ドローン遊びのあと、ハヤテ君と友永さん2人切りで話しをします。

  • 今までお父さんがほしいと思ったことはあったか?
  • お父さんができるってどう思うか?

不安な気持ちもあって、嬉しい気持ちもあると答えたハヤテ君。

このときだけは、ホントに3人とも家族のようでした!

岩間恵さんの実家~山梨

ちょっと緊張気味な岩間さん。

友永さん:「どもども~」

岩間さん:「どもども~」

公園で待ち合わせていた2人。山梨は景色が綺麗なんですね!

山梨で生まれ育った岩間さんは、好きな人にも山梨を好きになってほしい思いがあります。

岩間さんの実家では、両親に、姉夫婦、長男夫婦、次男の大人数で食事を用意していてくれていました。

20人いる中で、娘が残った理由はどういうところがと、いきなりのお母さんからの質問が!

凄く落ち着ける、言葉に嘘がない、末っ子で甘やかされているなど、とても和んだ空気感の中、楽しく時間が流れていきます。

しかし、ここで住むところの話になりますが、ちょっと堅い雰囲気になります。

結婚したら神戸に住むと決めている友永さんですが、岩間さんは山梨か東京に住んでいて、未知の神戸に行くことを拒んでしまうんですよね。

父親としても娘が神戸にいってしまうのは寂しいようです。

結婚しても今すぐにはいけないとハッキリと伝える岩間さん。

 

ここで恵さん抜きで話しをすることを希望する友永さん。

求めていた女性はどんな人か、恵さんのことを家族の前で話す友永さん。頑固な一面にとても魅力を感じていると話します。

そんな恵さんにも弱い一面も持っていて、そこを包み込んでほしいて友永さんに伝え、友永さんも神戸に住みたいは自分のエゴではないかとき悟ります。

ちょっと心配でしたが、岩間さんは友永さんにとって特別なのでしょうか?

岩間さんの前では折れていまいそうになる友永さん。

これだけぶつかってもまだ折り合いをつけていくことができるのは、スゴイですね。

水田さんの実家~焼き鳥

水田さんは、最初に友永さんに会ったときにゴルフボールを渡しています。

それは、なんでも貰うだけではなく、与えなさいと両親に教わっていたからですね。

水田さんの両親は離婚していますが、仲が悪いわけではなく、どうやら訳ありなようです

焼き鳥屋さんに向かいます。

父親は自然体で接することを大切にしているので、自然体で会おうと思い普段のパーカの恰好でした(笑)

水田さんのお父さんは友永さんに自分たちの離婚について聴かれます。

内容が気になるろと答える友永さん。

離婚の原因は、夫婦でぶつかり家を出て行ってしまったこと。

それは水田さんの妹さんに不安定な時期があり、鬱になり母にも移り鬱になってしましました。

仕方ないこともあるなと、家族愛があってもどうしようもないことがあることを知る友永さん。

そんな中、あゆみさんがホステスを始めた理由は家族のため。

犠牲の精神をあゆみさんの中に垣間見た友永さんでした。

 

水田さんから見ると、友永さんが浮かない顔をしていたのではと心配していますね。合わなかったのではないかと、不安げな表情をして見送ります。

ローズセレモニー

ローズセレモニーでは1人の女性が脱落します。

この人と一緒にいたいなと思う方を順番に選ぶと決めた友永さん。

この時点での印象

  • 野原遥さん:すごく強くて、これって決めたら絶対に成し遂げるっていう強さを感じる。自分のできないことを全部カバーしてくれる。
  • 田尻夏樹さん:お母さんとしての姿を見て、母親としての力強さを感じた
  • 水田あゆみさん:最初かたありのままで接してくれていた。意志の強さの理由が分かった
  • 岩間恵さん:弱そうなところをあるけど、自分の意志を貫く強さがある。それには何故か自分を折れることができる。
  • 選ばれたメンバー

野原、岩間、水田さん

  • 脱落したメンバー

田尻夏樹さん

 

脱落した理由は、

「結婚しても子どもができたときに、父親になる自覚がどういうものか全然見えていなかったというもの。」

田尻さんが声のトーンが下がるときは真面目に話しているときだということが初めて分かりました。最後まで笑顔で友永さんと接していた彼女はホントに素敵な女性でしたね。

バチェラー3|8話の考察と次回の予想

やはり野原、岩間さんが2強ですかね!

家庭訪問で一番違和感がなかったのが野原さん一家だと思いました。岩間さんは、とバチェラーが折れるといってましたが、日々喧嘩になりそうで、よくある離婚理由である「性格の不一致」とかで終わりそうです(笑)

ただ、なんか友永さんの断る理由とかも、よく分からないですね(笑)

なんだか一貫していないようなー

現時点では、野原さんが運命の人でしょうか?

それでは、次回もお楽しみに~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました