川嶋志乃舞(三味線)のプロフィールや経歴は?出身大学と家族構成も

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

川嶋志乃舞さんという人物をご存じですか?

三味線が好きな人は知っているかもしれませんが、伝統的な和楽器とポップを融合させた新しい音楽を創り出しているアーティストなんです。

筆者も三味線が好きなのですが、三味線のイメージを変えてくれたアーティストです。

今回は「川嶋志乃舞(三味線)のプロフィールや経歴は?出身大学と家族構成も」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

川嶋志乃舞(三味線)のプロフィールや出身高校大学は?

Instagram

 

プロフィール

名前 川嶋志乃舞
生年月日 1994年10月9日
出身地 茨城県笠間市
出身大学 東京藝術大学音楽学部邦楽科長唄三味線専攻
趣味 アイドル・映画・アニメ
公式サイト 川嶋志乃舞オフィシャルサイト
SNS Instagram/Twitter

経歴

川嶋志乃舞さんの「志乃舞(しのぶ)」という名前は「日本の伝統芸能を学んでほしい」という願いが込められて父親が付けてくれたそうです。

3歳から和楽器の教室に見学にいき、川嶋志乃舞さんが自らやりたいと言い出したのが佐々木光儀の津軽三味線教室です!

5歳から本格的に始め、稽古は週に1度でしたが、毎日練習する日々の川嶋志乃舞さん。

長時間練習するのではなく、短期的に習得していくスタイルのようです。

上達が早いもので小学1年生で最年少で入賞を果たしてしまいます。

中学1年生で一般女子の部では全国大会で4度の優勝をしています!

高校時代は?

8歳で将来の夢はプロの三味線奏者だったそうですね!

高校では三味線だけではなく、ヒップホップダンスにも夢中になっていました。

このときは三味線のためにやりたいことを我慢しないといけないのが嫌だったみたで本気で取り組んでいました。

こうした何でも吸収してしまう性分から、稽古の友達から仲間外れみされたりすることもあったようですが、負けず嫌いな性格のおかげであまり気にしなかったようですね。

東京藝術大学での壁

高校を卒業すると古典邦楽の勉強のために東京藝術大学の邦楽部に進学します。

専攻は、長唄三味線。

幼いころから津軽三味線を弾いていた川嶋志乃舞さんは、学科内では異質な存在でした。

入学する前からメディアにも取り上げられていて、公演にも参加していたわけですからね。

異端者扱いされる

大学で学んでいくうちに伝統を継承していくだけでなくて、津軽や長唄などの新しい三味線の可能性を広げていきたいという気持ちが強くなっていき、

自身で作詞作曲をしてライブハウスなど路上での演奏活動を始めていきます。

が、この新しい取り組みに対して、民謡界から批判を受けることになります。

川嶋志乃舞さんのように民謡界や藝大でキャリアを積んできた人にとっては、浅はかと見られ疑問視されてしまうのです。

ポップスを唄いながら三味線を弾くという行為に対し異端者扱いを受けます。

経歴

■2013年

  • 2013年に高校を卒業後、
  • 東京藝術大学音楽学部邦楽科長唄三味線専攻に進学。
  • 大学を通じて古典邦楽を学び、伝統文化継承に向けて強い意欲を持つと共に、音楽作編曲を独学で研究し、数々のオリジナルを発表。

■2014年

  • 7月 第8回全日本津軽三味線競技会名古屋大会のデュオの部、優勝。
  • 9月 1stミニアルバム【紅梅センセーション】を全国発売。
  • 11月 水戸市より「みとの魅力宣伝部長」を委嘱される。

■2015年

  • 2月 日本武道館出演「みんなの夢アワード5」。
  • 4月 FMぱるるんにてレギュラーラジオ番組スタート[ニッポンキラキラジオ]。
  • また、NHK「茨城ニュース いば6」の「あしたVISION」にて書き下ろし楽曲【春夢】タイアップ。
  • 5月 笠間市より笠間特別観光大使を委嘱される。

  • 6月 スペイン バルセロナにて「MATSURI JAPAN-バルセロナ祭りプロジェクト-」に参加。
  • 11月 1st single「ナデシコステップ」発表。

■2016年

  • 1月 茨城県水戸署の1日警察署長を務める。
  • 2月 茨城県水戸税務署の1日税務署長を務める。
  • 6月 昨年に続きスペイン バルセロナにて「MATSURI JAPAN-バルセロナ祭りプロジェクト-」に参加。
  • 8月 松尾スズキ監督「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」に[綾音]の一員として参加。
  • 11月 さいたまスーパーアリーナ「ニコニコ超パーティー」小林幸子さんのバックバンドとして三味線演奏で出演。

■2017年

  • 1月 茨城県水戸署の1日警察署長を務める。(2年連続)
  • 2月 スリランカ コロンボにて「JAPAN EXPO Premier Sri Lanka 2017」に参加。
  • 8月 フジテレビお台場移転20周年記念 大相撲夏巡業
  • 「大相撲ODAIBA場所2017」のテーマソングを担当【花千鳥】。

■2018年

  • 10月 MINAMI WHEEL2018 出演
  • 10月 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』氷川きよし エンディング曲に津軽三味線と長唄三味線にてレコーディング参加。

  • 11月 SpotifyのバイラルTOP50(日本) 【日本のSNSで今一番話題の曲】 5位にランクイン!
  • テレビ東京 二代目和風総本家 CM曲&番組内BGM 起用
  • 日本テレビ ヒルナンデス! 番組内BGM 起用

■2019年

  • 1月 東京藝術大学より特別講師として招かれる。 卒業2年目、最年少での快挙!
  • 3月 ロシア モスクワにてHinode Power Japanに参加
  • 6月 SAKAE SP-RING2019 出演

川嶋志乃舞(三味線)の家族構成についても!

川嶋志乃舞さんの家族は、父、母、本人、次女、三女の5人家族です!

両親は津軽三味線をしていたわけではないようですが、ライブには父親と三女が一緒に観に来てくれていたりと、家族からの応援も沢山あったみたです!

 

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「川嶋志乃舞(三味線)のプロフィールや経歴は?出身大学と家族構成も」と題してお送りさせていただきました。

高校時代でのプレッシャーや、大学での異端者扱いなど、挫折やいろんな壁にぶつかり悲観的になったことも何度もあるなかで、「志乃舞は志乃舞のままでいいんだよ」という家元の言葉を思い出しながら奮起してきた方です。

筆者は津軽三味線の上妻さんのファンですが、川嶋志乃舞さんももっと頑張って貰いたいです!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました