小林真作(ゆで卵)の経歴や職業は?出身地や家族構成も気になる!

人物
Sponsored Links

皆さんこんにちは!

今回は6月11日に放送される「マツコの知らない世界」小林真作(こばやししんさく)さんが出演されます。

小林真作さんは15年間、毎日10個のゆで卵を食べ続けた方で、究極のゆで卵料理を作ってくださいます。

卵ソムリエ?って思っちゃいますが、そんな小林真作さんについて経歴や職業なんか気になりますよね?出身地や家族についても紹介できたらと思います。

Sponsored Links

小林真作さんの経歴や職業は?

昔から親しみのある「たまごかけご飯」。小林真作さん代表取締役を務める小林ゴールドエッグ株式会社では「たまごかけご飯専用たまご」を販売しています。

■小林真作さんは、名古屋大学大学院工学科研究科を修了し、大手食品メーカーで製品開発などを担当していました。

■小林真作さんが社長として引き継いだときは、2004年の鳥インフルエンザで世間が騒がれていた時期でした。事業への影響がはかりしえない中での社長就任でした。

■小林ゴールドエッグ株式会社は、1963年に小林鶏卵として始まり今に至っています。社長に就任後、経営の勉強会に参加し、自身の会社や社員、顧客など立て直しを行っていきます。

■会社の立て直しを進めると同時に、新商品の開発に進んでいった。このとき小林真作さんには、昔からある疑問を抱えていた。

「精肉コーナーでは、”からあげ用”など、用途別に販売しているが、なぜ卵にはそれがないのだろう」

ここから用途別のたまごの試作を行っていきます。まず、最初に「たまごかけご飯」専用の卵を開発し売りに乗り出す。この用途を絞った売り方は業界内では疑問視されていた部分が強かった。

ところが、周囲の予想をはるかに裏切る結果となりました。

試験販売としては上々の売り上げだった。その後もオムレツやケーキなどの加熱専用の卵も販売。

現在では、家庭用商品が49種類、業務用の商品が27種類もあるそうです。

幾つかあげてみると、

  • たまごかけご飯
  • 目玉焼き
  • ゆで卵
  • 卵焼き・だし巻き卵
  • 親子丼・カツとじ
  • オムレツ
  • 温泉卵
  • カルボナーラ

などなど、カルボナーラのような具体的な料理のための卵もあるんですね!細かすぎて違いなんてあるんでしょうか汗(笑)全く気にしたことないですね!でも、肉の部位別の料理と思えば、卵でもあり得そうですね!

鶏のエサには、徳島県の特産品である鳴門わかめの商品にならない部分を乾燥させたものを与えているようです。

わかめなどの藻類を卵の旨味にしてしまうなんて、普通思いつきませんね!まさにコロンブスの卵ですね!小林真作さんを超えるたまごソムリエはいないと思います!

出身地や家族構成も調査しました!

 

たまごソムリエの小林真作さん。徳島で生まれたことはたまご開発のためにあったと言っても過言ではないのでしょうか!

そんな小林真作さんが小林ゴールドエッグの社長になってからたまごばかり食べる日々を送っていますが、家庭に戻ってからの普段の食事はどうしているのでしょう?調べてみたところ、愛知県出身の奥さんと結婚して既にお子さんもいらっしゃるようです!

息子と新たまねぎ掘りをしてました。調子よく2人でドンドン収獲してたんですが、テントウムシを発見した途端に息子は戦力外に・・・・・・目をキラキラさせながら追っかけて、どっかに行っちゃいました。(^^;)

小林 真作さんの投稿 2012年6月4日月曜日

息子さん元気いっぱいですね!

小さいころの男の子って、昆虫なんかみるとすぐ追っかけしまいますよね(笑)

 

まとめ

今回はたまごソムリエの小林真作さんの経歴や職業、出身地、家族構成について紹介していきました。突然、会社の社長にならざるを得なくなり、立て直すまでに苦労が多かった小林真作さん。

たまごの世界をここまで追求してきた人物は小林真作さん以上にいないと思います。鶏のエサによって卵の味にどれだけの味の差がでるのか?用途別の卵の試作に4年間も掛けてきているわけですから。

次回放送のマツコの知らない世界で、小林真作さんの卵にかける思いについて、ぜひ確認してみたいと思いました。

またどんな卵料理がでてくるのか、マツコさんの反応にも注目ですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました