台湾の唐鳳(オードリータン)の経歴学歴は?性別やIQと結婚歴も!

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

コロナウイルスの対応で台湾の唐鳳(オードリータン)さんが注目されていますね!

こうした有事の際に、国民に信頼されるかどうかで見事に神対応と称されました。

日本でも早く台湾を見習った対策を講じてほしいものですね。

今回は「台湾の唐鳳(オードリータン)の経歴学歴は?性別やIQと結婚歴も!」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

台湾の唐鳳(オードリータン)の経歴学歴は?

台湾の唐鳳(オードリータン)のプロフィール

Audrey Tang in 2015 (cropped).jpg

名前:唐鳳(とう ほう、タン・フォン、オードリー・タン)
本名:唐 宗漢(とう そうかん、タン・ツォンハン)
※性転換前
英語表記:Andrey Tang

生年月日:1981年4月18日
出身地:中華民国 台北市
政党:無所属
職業:フリーソフトウェアプログラマー

彼女は3つに世界初をもっていて、それは

  1. 最年少である
  2. 中卒である
  3. トランズジェンダーである

以上を3つ満たし、2016年10月に35歳という若さで台湾の行政院(日本の内閣相当)に入閣します。

世界初の閣僚でデジタル担当をしている。

 

台湾の唐鳳(オードリータン)の経歴や学歴は?

唐鳳さんは、

「台湾のコンピューター界における偉大な10人の中の1人」とも言われています。

幼いころからコンピューターに興味があって、12歳でPerlを学び始めます。

Perl(パール)とは、ラリーフォールさんという人に開発されたプログラミング言語のことです。

小学1年生で連立方程式を解き、2年後にはプログラムまで書いてしまうという天才です。

  • 14歳で学校を中退
  • 19歳でシリコンバレーでソフトウェア会社を起業。
  • 2005年:外見と自己意識を一致させるために、名前を変更するなどの女性への性転換。
  • 東森電視のニュースチャンネルは彼女のIQが180以上であると報じる。
  • 2019年1月:アメリカの外交専門誌『フォーリン・ポリシー』の2019年のグローバル思想家100人に選出される。

ちょっと普通では考えられない経歴も持っています。

オードリータンさんは、自身の検索をアシストするソフトで3~4円で800万セットを販売します。

33歳で引退しIT産業では誰もが認める天才として注目され、IT企業の顧問や、米アップル社のコンサルタントとしても働いています。

台湾の唐鳳(オードリータン)の性転換について

トランスジェンダーという性は、最近になって認知されてきていますが、「LGBT」の「T」にあたります。

オードリータンさんは自身のブログで

私の脳は私が女性であると認識しているのに、社会的にはそうでないことが要求されるので、私は長年に渡って現実世界を遮断し、ネット上で生活をしてきました

と語っています。

こうした自身の苦悩から性転換を行っていたんですね!

2005年に、外見と自己認識を一致させるためみ、名前を変更すると共に女性への性転換を始めます。

 

オードリータンさんは、20歳のときに、男性ホルモンの検査をして男女の中間だと判明していたようです。

本人も、男性女性の区別を意識していなかったため、自分がどちらに属するのか気にしていませんでした。

寧ろ、男女という枠組みにとらわれずにすべての立場に寄り添えるという良さもあると語っています。

政治との関わりについて

政治と最初に関わったのは、2014年に台湾で起きた「ひまわり学生運動」だったそうです。

https://twitter.com/OrHiromi/status/1019194554572914689?s=20

中国との貿易協定に反対した学生が、議会に対話を求めて日本の国会にあたる立法院を占拠します。

学生側を支持する者が、立てこもる場所に「ひまわりの花」が届けられたことで「ひまわり学生運動」と呼ばれています。

オードリータンさんは、そこで3週間にわたる運動を最初から最後までネット中継して録画していました。

確かなデータや根拠をもとに議論すれば、人は話し合える。

こういった信念をもつオードリータンさんの体験は中学時代にありました。

デモとは、圧力や破壊行為ではなく、たくさんの人に様々な意見があってそれを示す行為だということだと。

「政治は国民が参加するからこそ、前に進める」

オードリータンさんってめっちゃ凄い人じゃないです!

校長先生が中学中退の罰則から守った?

オードリータンさんは、中学に通うのをやめます。

台湾中の小中高が参加する科学コンクールに向けて取り組みます。。

科展で応用科学部門で1位を取り、好きな高校に受験無しで進学できる特権を得ていました。

このときの中学の校長先生は、彼女に憧れの有名教授たちと仕事をするには、あと10年は学校で勉強する必要があるといいましたが、

なんとオードリータンさんは既に米大学教授たちとインターネットでやりとりをしていたのです。

高校や大学にいく必要がないのです!

それを校長先生に話すと、「もう学校に来なくていいよ」と言ってくれたそうです。

義務教育であった中学を卒業しないと、当時は罰金を科せられていましたが、校長先生が守ってくれたのです。

監査が入っても責任を負ってくれたのです。

だから中学生で起業できたんですね!

行政院長に入閣

ひまわり学生運動のあと、オードリータンさんは努めていたアップルを辞めて、公益事業に関わっていきます。

この時期台湾は、開かれた政治の実現を目指して「オープンガバメント」の手法を取り入れていきます。

2014年12月にオンラインで法案を討論できるプラットフォームを構築します。そして行政院のコンサルタントに就任します。

徐々に存在感が大きくなっていきます。

2016年5月、台湾初の女性総統・蔡英文氏が選ばれます。

このとき、政府はデジタル担当をオードリーさんに依頼。

オードリーさは、就任にあたり条件を出します。

それが、

  1. 行政院に限らず、他の場所でも仕事をしてもいいこと
  2. 出席するすべての会議、イベント、メディア、納税者とのやりとりは、録音や録画をして公開すること
  3. 誰かに命じることも命じられることもなく、フラットな立場からアドバイスを行うこと

でした!

こちらのインタビューもどうぞ!

台湾の唐鳳(オードリータン)は結婚しているの?

Q.パートナーがいますか?男性が好き?女性が好き?あるいは両方?

といった質問にこのように答えています。

A.質問ありがとう。
人を好きになるのは、相手の心の価値にひかれるかどうかが大事です。
だから、特定の身分、投割、ラベルは関係ありません。
パートナーがいるかどうか、という質問の答えは『有感情(パートナーがいる)』です。
この質問はとてもプライベートなことなので…答えはここまでです。

とても真摯に答えています。

結婚しているのか?どうかは分かりませんが、好きという感情はあるということでしょうかね。

台湾の唐鳳(オードリータン)のIQについて

オードリータンさんについて報道を見ると、IQが180以上と報じられています。

これは本当なのでしょうか?

そのことに対する事実確認で質問されて、このように回答しています。

大人になってからのIQについて議論することに意味はありません。
それに、IQ試験の時、携帯電話を持ち込めば、誰でも160くらいは簡単に取れてしまいます。
デジタル機器をうまく使えれば、大人も子どもも関係なく、仕事を有意義にできると思います。
ちなみに、私の身長は180センチです。

事実かどうかは分かりませんが、本人はIQが180以上であることについては意味がないと答えています。

いじわるな質問に対しても、ユーモアで答えるあたりが彼女の性格や人柄がでていますね!

 

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「台湾の唐鳳(オードリータン)の経歴学歴は?性別やIQと結婚歴も!」と題してお送りさせていただきました。

デジタル担当のオードリータン氏は、インターネットによる実験的な民主主義を進めています。

理念の一つに「Radical Transparency(徹底的な透明性)」を掲げています。

つまり、インターネット上の情報でもって政府や官僚が何をしているのか知ることで人々が「国家の主人」になれるわけです!

彼女がマスクの在庫状況を確認できるマップのアプリを造ったことも、フェイクニュースを防止対策をとってことも、このビジョンに即していますね!

とにかく、スゴイ人なんだということが分かりました!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました