福田真嗣(メタジェン)のプロフィールや経歴は?慶応大での研究も!

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

番組欄を見ていたら面白そうなワードがでていたので、今回はそれを記事にしたいと思います。

腸内細菌の最先端の研究で有名な「福田真嗣(ふくだ しんじ)」さん。

面白いワードというのは、福田真嗣さんは「ウ〇コ」のことを「茶色い宝石」と呼んでいるんですよ(笑)

宝石っていうから、宝石の誕生や種々様々な宝石についての内容かと思いましたよ!

宝石って言えば、まだやんわりしてるけど、要は体内の結石のことですよね?汗

「茶色い宝石」ってワードは危険信号じゃないのかな(笑)汗

今回は「福田真嗣(メタジェン)のプロフィールや経歴は?慶応大での研究も!」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

福田真嗣(メタジェン)のプロフィールや経歴は?

福田真嗣さんは腸内情報を遺伝子解析によって、その実態を掴みつつあります。

どうやら脳と腸の相関関係のようですね。

これは私たちの健康にも関わってくるのでとても興味深いです。また研究者の一面と経営者としての一面があります。

まずは福田真嗣さんのプロフィールを見ていきましょう。

福田真嗣(メタジェン)のプロフィール

名前 福田真嗣
生年月日 1977年生まれ
出身地 茨城県水戸市
出身大学 明治大学大学院農学研究科
職業 慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授
株式会社メタジェン代表取締役社長CEO

福田真嗣(メタジェン)の経歴

福田真嗣さんは微生物が好きで、小学5年生の誕生日プレゼントで顕微鏡を貰っています。

植物についてはあまり好きではなく、動物や微生物が学べる大学に入学したそうです。

突然ですが、牛、ヤギ、羊は草しか食べないのに筋肉がモリモリな理由を知ってますか?

草の繊維質を栄養素として分解できる繊維分解菌という菌が胃の中にいて、この菌のお蔭でエネルギーを取り出せるらしいです。その微生物が胃から流れて消化され、タンパク質として吸収され結果筋肉になるようです。

ん~

つまり、栄養素を分解して取り出せる微生物がいるかどうかということなのでしょうか?

福田真嗣さんは学生のときは、研究者を志してはいなかったようですが、会社員になりたいとも思っていなかったようです。

会社には向いていないことが分かっていたようですね。

大学でいろいろなことを学んでいるうちに、研究者としての道に進んでいたとのことです!

  • ’03日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • ’06明治大学大学院農学研究科博士課程修了 博士(農学)
  • ’06理化学研究所ゲノム科学総合研究センター
    リサーチアソシエイト
  • ’07理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター
    基礎科学特別研究員
  • ’10理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター
    研究員
  • ’12慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任准教授
  • ’15科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
  • ’15~株式会社メタジェン 代表取締役社長CEO
  • ’16~筑波大学医学医療系 客員教授
  • ’17~神奈川県立産業技術総合研究所 グループリーダー
  • ’19~慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任教授
  • ’19~マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院
    客員教授

賞誉

  • ’12日本ビフィズス菌センター研究奨励賞
  • ’13文部科学大臣表彰若手科学者賞
  • ’14三島海雲学術賞
  • ’14山形県科学技術奨励賞
  • ’15バイオサイエンスグランプリ最優秀賞
  • ’15文部科学省科学技術・学術政策研究所
    「科学技術への顕著な貢献2015」
  • ’16安藤百福賞「発明発見奨励賞」
  • ’17バイオインダストリー奨励賞

福田真嗣(メタジェン)の慶応大学での研究も!~茶色い宝石とは?~

コチラの動画をご覧になっていただくと分かると思いますが、福田真嗣さんは研究していることを生かして「病気ゼロ社会」を実現しようとしていることが分かります。

そして見て分かったことですが、筆者は「茶色い宝石」の意味を分かっていなかったですね(笑)結石のことではありませんでした(笑)

「メタジェン」は腸内デザインで長寿ハピネスを実現する

まず、そんなことが実現可能な理由として「腸内細菌」のことについて言及しています。

私たちが食べたもののうち、未消化物などが大腸まで届いて腸内細菌はそれを食べ、食べた結果、腸内細菌もいらないものとして様々な化合物を分泌します。

腸内細菌が作り出す様々な化合物が、血中を通して全身を巡ります。

この腸内の細菌のバランスが以下のような疾患を招くことが研究で分かっているそうです。

  • 大腸がん
  • 炎症性疾患
  • 肝臓がん
  • アレルギー
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 自閉症
  • パーキンソン病

などなど

上記の疾患が、私たちのお腹の腸内細菌のバランスによって現れ、その情報が「便」に現れてくるそうです。

つまり「便」の中には「私たちの健康」「病気に関するリスクの情報」が沢山詰まっているということが分かります!

では何故「茶色い宝石」か?というと

「便」は非常に価値のある、すなわち「宝石」のように価値があるので「茶色い宝石」と呼んでいるということなんですね!

この宝石から最先端テクノロジーを使って、健康情報を抽出しフィードバックすることで病気ゼロ社会を実現を目指しているわけです。

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「福田真嗣(メタジェン)のプロフィールや経歴は?慶応大での研究も!」と題してお送りさせていただきました。

「茶色い宝石」ってそういうことだったんですね!(笑)

我々一般人には臭い汚物にしか見えなくても、そこから健康情報が分かるのはとても価値のある研究をされていたのですね。

動画を最後の方まで見ていただくと、かなり有益な情報?が分かると思います。自分がどんな食べ物が合っているのかが分かるからです。

ホントに興味深い研究だと思いました。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました