フランスストライキは年金改革が理由で場所は?制度概要と変更点も!

ニュース
Sponsored Links

皆様こんにちは!

フランスの大統領の「エマニュエル・マクロン」の年金制度改革に抗議のストライキが続いているようです。

一体どのような改革を打ち出したのか気になったので、調べてみました。

ストライキが起きるほどですから、よほどの反感を食らう内容なのでしょうね!

今回は「フランスストライキは年金改革が理由で場所は?制度概要と変更点も!」と題してお送りさせていただきます。

Sponsored Links

フランスストライキは年金改革が理由で場所は?

ストライキが起きた場所はフランス首都パリの「南東部リヨン」と「西部ナント」やフランス各地で起きています。

鉄道が止まったりとかなりの規模のストライキみたいです。学校なども閉鎖されています。

フランス全土で大規模スト エッフェル塔も閉鎖(19/12/06)

これ調べていると、どうやら2019年の9月から2020年の夏までに年金改革の成立を目指していますね。

年金改革はマクロン大統領の選挙公約の1つでもありました。

フランスは現在「42の年金制度」があり、これらを1本化を目指しています。

新しい年金制度が確立されると、退職年齢が遅くなり、受給年金額が減る懸念があり、ストライキに参加していたのは、主に交通機関の職員、航空菅制官、教職員、消防隊員、弁護士などのようです。

デモに参加した保育士の女性はストの参加理由を「65歳になっても、2歳の子どもたちを世話してあげられるとは思えないから」と語っています。

また50歳に退職できるという契約で仕事を始めた者もおり、年金を満額貰えなくなってします者も。

フランスの年金制度概要と変更点も!

年金制度の全貌を調べ尽くすことは難しいので、要点だけ取り上げてみます。

フランスは民間企業の一般制度に加え、公務員・公営企業の特別制度、農業従事者、自営業者の職業ごとの自治制度などの42の年金制度が存在します。

民間企業の従業員は、最も高給だった25年間の給与の平均値を基準にするのに対し、公務員は退職前の6か月の平均給与を基準に計算されます。

  • 民間は最も高給だった25年間
  • 公務員は過去6か月の給与

このように制度ごとに計算もそうですが、受給条件もことなっています。

改革では、年金支給額の算定方法を現行の拠出期間の4半期数からポイント制に変更され、同額の拠出金に対し同額の年金付与を目指しています。

これは例えば、労働者は1日働くとポイントが付与され、ポイントに応じて年金の受給額が決まるシステムとなっています。

新たな年金制度は1963年以降に生まれた人を対象に2025年1月から開始されます。

まだ年金改革の全容が明かされていないので、分かり次第追記していこうと思います。

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は「フランスストライキは年金改革が理由で場所は?制度概要と変更点も!」と題してお送りさせていただきました。

国によって、制度が違うことを認識できました。

42もの制度があると、逆にややこしくて、不平等になりそうな感じもありますね。

日本でも十分にデモしてもいいような気がしますね(笑)

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました