小掠康浩(オニオンリング)の経歴や年齢は?家族構成や出身大学も!

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

ハンバーガーに付き物であるフライドポテト!

ですが、フライドポテトの影に潜むオニオンリングに異常な執着をもつ人物がいます。

小掠康浩(おぐら やすひろ )さんといいます。

彼はアメリカで本場のオニオンリングに出会います。

アメリカではオニオンリングはハンバーガーと同等のファストフードですが、日本での扱いが低いことにびっくりしたとか!

今回はオニオンリング好きな小掠康浩さんについて経歴や年齢、家族構成や出身大学を紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

小掠康浩(オニオンリング)の経歴や年齢は?

出典元:Anylog

小掠康浩さんは1991年生まれなので、年齢は27,8歳あたりですね。

現在、都内に在住しており、(株)Anylogの代表を務めており、メンズコスメの開発に着手しています。

小中高はとても勤勉で真面目で、親の期待に答えたい一心で勉強を頑張り、周囲からも勉強のできる人と評価であったようです。

小掠康浩さんは食に関して興味があったようで、調理師を目指したいと志すが、親の反対を受け大学へと進学します。

大学も安全策をとって第3志望を受験し合格するけど、というのも高校受験のときTOP3の学力がありながらも進学校を避けて地元の高校へと進んだことに後悔していたという。

因みに、小掠康浩さんの出身大学は首都大学東京です!

いやいや~

首都大で滑り止めだったとか、めちゃ頭いいじゃないですか(笑)

本命は東大、早稲田とかだったのかな?

なにはともあれ、2015年に大学を卒業し、新卒でメーカーに入社します。

 

小掠康浩(オニオンリング)の人事としての職歴

■新卒で入社した会社で採用担当に就き、イベント企画や運営、新入社員研修などを担う。

■年末調整など業務をチームリーダーとして実務を担当。

■労務管理では、働き方改革に伴う残業削減のための対策担当に。

■ほかの従業員の安全衛生において、保健師産業医と連携し、カウンセリングなどを行っていた。

以上、3年間で人事業務を経験できたことが今の仕事に生かすことができているようです!

 

小掠康浩(オニオンリング)の会社を辞めるまで

学生のころから就職まで、親の影響で選択しきた小掠康浩さん。

高校受験、大学受験、就職活動。

どれもリスクを取らずに、安定志向で堅実な路線を歩んできた。

「後悔先に立たず」

人生の分岐点に立たされては後悔をしてきた小掠康浩さんですが、考えます。

「現状から脱却するには」

バカ真面目に勤め人としていてはダメ!

上位10%に近づくためには、、

様々な思いが胸中を巡る中で出した結論が、起業であった!

 

グルメ系情報発信サービスで起業

食に強い関心があった小掠康浩さんですが、一般企業に勤めながらも、食に掛ける思いは変わりませんでした。

2018年3月20日㈱Anylogを設立する。このときの年齢は27歳。

提供する側ではなく、一消費者として様々に食の体験をすることに興味の方向が向いていた当時、料理単位で美味しいお店を探せるサービスを作りたい

餃子を食べに行こうと、グルメ口コミサイトには、なぜかラーメン店が上位を独占している状況!

ラーメン界は餃子界まで牛耳っているのでしょうか?

実はこれ、口コミサイトのお店の情報が扱っている料理に対してジャンルがタグ付けされるので、関係ない料理でも分類されてしまうのです。

そこで、お店単位でなく、料理単位で口コミや評価をレビューできるシステムを考えます。

2018年12月19日:グルメSNS「マイフェ」のβ版提供開始。

2019年3月23日:グルメSNS「マイフェ」のβ版提供終了。

しかし、食の業界で事業を展開させることの厳しさを痛感します。

2019年5月15日:メンズコスメブランド事業立ち上げ開始。

その後、メンズ美容の高まりに着目し、小掠康浩さん自身も肌荒れで悩んできたことからも、身だしなみの一環としてメンズコスメ開発に奮闘中!

D2Cモデルを採用し、自信を持って提供する商品の価格を消費者に委ね、自らその価値に納得し購入してもらうことで個々のニーズを満たすプロダクトを開発していきます。

 

小掠康浩(オニオンリング)の家族構成や出身大学も!

オニオンリング好きなだけでなく起業家の顔も持つ小掠康浩さん。

家族構成についても気なりますね!

小掠康浩さん自身の経歴について、ブログで発信されていました。

小掠康浩さんの家族構成はブログによると4人家族です(父、母、兄、本人)。

お父さんは公務員で「本を読みなさい」が口癖だったそう。

とてもストイックな父親だったのが伺えますね!

小掠康浩さんも父親の影響が人生に大きかったことを述べていますね。

起業についても父親とお兄さんに話をしたこともあるようで、あまり特に父親はネットへの理解が乏しいかったため、不安だった小掠康浩さんでしたが、意外にも、

「頑張って頑張って、それでもどうしようもない時は早めに言いなさい。何とか父さんでもできることはあるかもしれないから」

といった言葉を聞いてとても嬉しかったと語る小掠康浩さん!

これまでの小掠康浩さんとお父さんとの絆が深くなった瞬間だったんじゃないかなって思います。

 

世界各国に興味があった小掠康浩

出典元:首都大学東京HP

小掠康浩さんの経歴でも触れましたが、小掠康浩さんの出身大学は「首都大学東京」都市教養学部都市教養学科経営学系経営コースです!

学生の頃は、海外で働くことを考えていたそうで、語学の習得を目標に掲げていました。

私たちがこれまで取り組んできたのは、国際化が引き起こす様々な問題。在日外国人との共生や、外国人看護師の受け入れ体制、そして国際交流における文化摩擦。社会、経済をめぐるグローバリゼイションは、なにも互いの国の理解につながるだけではないんです。

学生時代は国際社会で活躍できる人材育成を目指した教育プログラムを取り組んでいました。

まとめ

皆様いかがでしたでしょうか?

今回は起業家として活躍している小掠康浩さんの経歴や年齢、家族構成や出身大学について紹介してきました。

小掠康浩さんのブログを読んでいると、小中高大から起業の道に至るまでの心情が深く伝わってきました。勉強をしてきて何かが違うと感じ葛藤があったからこそ、起業までに踏みつけてこられたのかと思います。

お会いしたことないけど、とにかく現状を、殻を破りたいっていう気持ちはすんごい伝わってきたっていう印象!

今後も活躍に期待です!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました