酒井庸行(やすゆき)の経歴や政策は?評判と家族構成も気になる!

人物
Sponsored Links

皆様こんにちは!

2019年の参議院選挙が昨日行われました。

政治や選挙にはあまり詳しくないですが、私が注目していた参議院議員の北村さん、そして今回は選挙で当選した「酒井庸行(さかい やすゆき)」さんについて紹介していきたいと思います!

安倍首相と北村さんはとても兼ねてからの交流が深い関係にありました。それだけ安倍さんが肝いりしていたと言われています。

今回取り上げる酒井庸行さんについても、同じ自民党のメンバーとして、似通った政策だと感じたので、本記事では酒井庸行さんの経歴や政策、その評判や酒井さんの家族構成について調査してみました!

Sponsored Links

酒井庸行(やすゆき)の経歴や政策は?

酒井庸行さんは1952年2月14日生まれなので、現在の年齢は67歳です。

愛知県の刈谷市出身。

刈谷市立富士松南小学校、南山中学校・高等学校を経て、日本大学芸術学部放送学科に進学します。

今は政治家ですが、学生のときは芸に嗜んでしたのでしょうか?

学校にストリッパーを呼んだこともあるそうです!

当時は大衆芸術の世界を志向していた酒井庸行さんですが、後に才能を見出すことができずに、大学を卒業するとともに1976年にアメリカのボストン大学メトロポリタンカレッジに留学します。

以下経歴一覧です、ご覧ください。

  • 1981年5月:社団法人虹の会
  • 1987年10月:金剛産業株式会社に勤務
  • 1995年7月:刈谷市議会議員に初当選

その後、自民党県議の岡本辰巳が引退し、後継者として1999年4月に愛知県議会議員選挙の刈谷市選挙区に自民党公認で立候補する。結果209票差で落選。

  • 2003年:愛知県議会議員 初当選
  • 2007年:愛知県議会議員 2期当選
  • 2011年:愛知県議会議員 3期当選
  • 2012年:自由民主党愛知県支部連合会 政調会長 自由民主党愛知県議団 副団長
  • 2013年参議院議員 初当選
  • 2015年:内閣府大臣政務官 就任
  • 2016年:自由民主党副幹事長 就任
  • 2018年:自由民主党政務調査会副会長 就任

酒井庸行(さかいやすゆき)の政策概要~未来を起点に今を考える

【愛知県・酒井やすゆき】未来を起点に今を考える。

参議院議員として人と人の繋がりを大切にしてきた酒井庸行さん。

日本国、そして酒井庸行さんの故郷愛知のために、生活者の目線から本当に必要なものを考え生きがいをもってもらい、安心して暮らせる社会を築いていくこと。

ここで大事な視点が、「未来を起点として今を考えること」のようです。

どこまでの未来を見据えているのか気になりますね。

酒井庸行さんとしては、日本だけの世界だけではなく、海外での経験を重要視しているみたいです。

酒井庸行の政策~掲げる6つのテーマ

  1. 災害に強い国
  2. 社会保障制度
  3. 経済再生
  4. 地方創生
  5. 外交政策
  6. AICHIメガリング

1.災害に強い国

命を守る災害に強い国をつくる

今年は伊勢湾台風から60周年を迎えたようです。

高確率で起こると言われる東南海地震に対して、命を守り、また地震や豪雨などの自然災害被った被災地の復興を加速させること。国土強靭化対策を着実に実施し、より防災減災対策に力をいれること。

 

2.社会保障制度

社会保障制度

お子さまからお年寄りまでみんなが安心できる社会保障制度を確立すること。

  • 子育て環境の改善
  • 高等教育負担軽減
  • 年金・介護の充実

3.経済再生

AIなどの先端技術を使った「働き方改革」。

愛知県は製造品出荷額が41年連続で全国第1位のため、日本の経済・成長を牽引する愛知県から経済の好循環を進めること思索。

4.地方創生

皆が主役の地方創生を推進すること!

活力ある地域づくりを進めるための農林漁業を通して、中小企業・小規模事業者支援、観光振興、インフラ整備など総合的に対策を計る。

5.外交政策

世界の中心となり動かす外交を加速。

積極的平和主義の元、日米同盟を基軸にし、普遍的価値を共有する国々と連携を強化。

近隣諸国との関係改善の加速を図る。

 

6.AICHIメガリング

AICHIメガリング構想を進める。

世界が求めるイノベーションとモノづくりがある愛知の知多半島と渥美半島を橋で結び、中部圏内に大きな交流の輪を造る。

  • 航空宇宙産業、次世代自動車などの産業育成。
  • 新エネルギーの実用化。
  • 陸・海・空のインフラ整備を推進。
  • 愛知県のヒト・モノ・カネの流れを円滑にすることで、世界に発信できる活気ある愛知をつくる。

酒井庸行(やすゆき)の評判と家族構成も気になる!

経歴のところでも見てきたように、ストリップ企画したことで政治家としての位置を疑われる声をありますね(笑)

いろんなタイプの人間がいるので、長所短所は様々ですよね。

芸大出身の政治家もなかなかいないのではないでしょうか(笑)

また、酒井庸行さんの家族構成についてですが、公表されている情報はありませんでした。政治家の家系って政治家になる人が多いって聞くけど、芸術関係だから政治家志望のお子さんはいないかもしれないし、これから活躍していけば、ご家族の情報も出てくるとおもいます。

 

おわりに

さて皆様いかがでしたでしょうか?

今回は酒井庸行さんの経歴や政策、評判や家族構成について見てきました。

これからの日本経済を発展させていくにおいて、一番のカギがメガリング構想ではないかと思いました。もちろん長期的な政策になりますけどね。

外交においてはやはり日米がともに手を取り合うことが重要なようです。

政治の歴史背景を見ると、結構複雑ですからね!

はい!それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました